オークションはブランド物が強い!

オークションはブランド物が強い!

私は昔から洋服が大好きで、時間とお金さえあればショッピングへ繰り出していましたから、かなりの量の洋服を買って持っています。

あまりの量に、新品でタグが付いたままになっている物もあるくらいです。

ですが...この2年の間にかなり太ってしまったせいで、それまでに買い揃えた細身のパンツが全てきつくなり、履けなくなりました。

「ドミンゴ」というブランドのパンツで日本製なのでとても形がいいのですが、元々が痩せていたので、もうそのパンツが入るサイズに戻る自信がなくて売ることを決めて出品したのです。

購入した時は13,000円くらいしたものを4,500円で出品し、入札があったのでそのままかけ引きすることなく売ってしまいました。

更に私は「マーガレットハウエル」の服が好きでたくさん持っているのですが、もう着なくなったものをせっかくなので出品することにしました。

オークションで売るには、いかに良い写真を撮るかにかかってきます。写真が綺麗に撮れているとウォッチが付いたり、実際に入札があって落札される可能性が高くなってくるのです。実は私は写真のプロなので、綺麗に撮ることができるのですがね。

そうそう、「マーガレットハウエル」のネームヴァリューは高くて、すぐに売れてしまいました。

リサイクルショップは買う側で利用かな

リサイクルショップは買う側で利用かな

義母が、いつも子供たちに洋服をたくさん買ってくれます。全てリサイクルショップ又は、フリーマーケットで購入したものです。最初は、正直嫌でした(汗)

義母の好みと私の好みが違うということもありましたし、あと...やっぱり流行から少し遅れているというか。

自宅で着る分には構わないんですけど、幼稚園や大勢のお友達の中に交じると、やはり見劣りはしていました。

義母がリサイクルショップ大好きな人でしたから当然、旦那も「小さくなった子供服を売りに行こう!」と言い出したのです。私としては状態の良いものはお友達に譲って、状態の悪いものは雑巾にと思っていたのに。

結局はしつこい旦那に根負けし、また少しでも家計の足しになるのならという気持ちも働いて、初めてリサイクルショップに服を売りに行ったのです。まずは買取カウンターに服を預けて番号札をもらい、鑑定が済むまで店内を見て回ったのですが、思いの他お客さんが多さと品数の多さに驚きました。

特に子供服!子供なんてあっという間に大きくなってすぐに着れなくなってしまうので、確かにリサイクルショップを利用した方がお得かも知れません。

鑑定が終わったと呼ばれ、提示された金額を見てビックリ!たったこれだけ?というのが正直な感想です。ブランド品以外は「買取できない、引き取りならできる」と言われ、持って帰るのも面倒なので引き取ってもらいました。

今回のリサイクルショップは家から離れた場所にあったので、ガソリン代のことを考えると売って得だったのか?どうか分かりません。リサイクルショップの利用は、『売るのではなく買う方だけで良いかな』と思いました。 

古着が気軽に売れるという気持ちで

古着が売れるだけで嬉しいと気軽な気持ちで

家の近くの古着屋に、着なくなった洋服を売りました。

そこは若いママさん達が子供の服を気軽に買いに来るような、敷居の高くないお店で、ブランド物を取り扱っているようなところではありませんでした。

売っているのもTシャツなど普段着るような物で、かなり安い値段設定で100円~です。

この状況を見て売れたとしても、たいした値段は付かないだろうと期待はできなかったのですが、とにかく断捨離がしたかったので思い切って売ってみました。

内容はTシャツやワイシャツ・スーツにジーンズ・ハーフパンツなど30点ほどはあったでしょうか。全部で1000円くらいにでもなれば良いかなと、軽い気持ちでいたのです。

査定が終わるまで15分ほど待っていると受付から呼ばれ、査定額を確認してみると合計で6000円とのこと。

1点あたり200円で計算されたことになりますが、予想していたよりもはるかに良かったのでそのまま売りました。自分が買った値段からすると安いですが、売れるだけで嬉しいのですね。

いらない服を売ったら部屋がスッキリ!

服を売ったら部屋がスッキリ!

衣替えの季節になると、毎年悩んでしまいます。。。

また着るかも知れないと大事にしまっておいて全く着ることの無かった服を、それでもいつか使うかも知れないから!と諦められず捨てられないのです。

自分の服もそうですが、子供達の服もサイズアウトして着れなくなっているにもかかわらず、その服には沢山の思い出があるもので、どうしても処分できないのです

知人にあげるのも迷惑かと思い、最近では気軽に渡せなくなってしまいました。ですから処分できずに保管して溜め込んでいるので、部屋の収納が溢れ返った状態です。

そこで、リサイクルショップで子供服を売ってみたのです。売る手続きも簡単であっという間に完了しましたし、待ち時間も短く楽でした。おかげで部屋もスッキリ!と片付き、大助かりでした。

長期間ずっと着ない服を溜め込む前に、もっと早くからリサイクルショップに服を売っていれば良かったと反省。

今後は衣替えのシーズンになったら一度は服の整理を行い、もう着ないと思った服は迷わずにお店に持って行くことにする!と決めました。やはり、スッキリしたクローゼットを見るのは、とっても気持ちが良いですからね。

私に合っているフリマサイトを見付ける

私に合っているフリマサイトでの販売

オークションはどうしても難しそうで抵抗があったので、リサイクルショップより割がイイ、自分に合った洋服の売り方をずっと探していました。

そこで、やっと見付けたのが『フリマサイト』です。

リサイクルショップで「タダ」とか、「数十円」としか査定をされなかった洋服を家に持ち帰り、試しに出品してみることにしました。

数十円のものには、女性誌に良く出ている有名なブランドのものも含まれますが、ショップによってはブランドに詳しくない場合、値段が付かないようです。

フリマサイトは女性ファッションブランドのカテゴリがたくさんあり、数十円と言われたブランドの洋服が数千円で売れたのでした。

また、状態が悪く引き取ってもらえなかった、有名ブランドのマフラーも売れてしまったのです。

フリマサイトでは評価の良し悪しが今後の取引にも影響するので、状態が悪いものはその旨をしっかり記入しないといけません。また、質問にもしっかり答えていく必要があります。

値引きの要望は多いですがオークションサイトよりも手軽で、リサイクルショップよりも高く売れると思います。

古着1着ごとの評価はされませんでした

古着1着ごとの評価はされませんでした

オープンを控えた古着専門店が、積極的に買取査定を行っていることを新聞の折込チラシで知りました。この機会に学生時代に集めた洋服を、売却しようと考えたのです。

およそ20着を査定してもらうことになり、結果が出るまでには長い時間がかかるのだろうと予想していましたが、査定には10分もかからなかったように記憶しています。

それは、私が持ち込んだ洋服の状態を1着ずつ確認するのではなく、査定対象物の総重量で結果が出されたからでした。

古着専門店で査定してもらうことが初めてだった私は、まさか総重量が基準になるなどとは想像していなかったのです。しかし、この気持を店員さんに伝えてみると納得できる回答を頂きました。

古着の状態の良し悪しを判断する際には主観が入りやすくなるので、査定結果が出てから値上げ交渉を始める顧客が後を絶たないそうです。

そのため、持ち込まれた洋服の総重量で査定金額を算出する方式を採用していると伝えられ、合点がいくことになったというわけでした。

大きな期待はしないほうが無難です

大きな期待はしないほうが無難です

まず、当たり前ですがブランドものは高く売れます。しかし、買った方も高いお金を出していますし、気に入ってる物でから長期の愛用を見据えているので、手放すのには時間かかります。

ソコソコの物しか今までに出した事はありませんが、捨てるよりは良いかな?という程度の金額にしかなりません。

特に買い取り専門店だと、かなり値段は安くなります。45リットルのゴミ袋に、一袋いくらなんて店もあります。

委託販売なら自分で値段を付けられますが、売れなかったら引き取りに行く手間が発生します。そうなると売り物にもよりますが、どっちもどっちかなという気がします。

現在、利用はあくまでもソコソコの値段になりそうな時しか利用しなくなりました。その度に印鑑だの免許証だの確認されるのも嫌ですからね。

そしてよく言われてることですけど、季節感を無視しないで持って行ったほうが良いですね。在庫を抱えたくないので、お店側も今売れるものに値段を重くしてきます。

予備のボタンなんかもしっかり取っておいて、一緒に持って行くと良いような気がします。

服を売るのにオークションを利用

服を売るのにオークションを利用しています

数年前から、ヤフーのオークションを利用しています。

着なくなった服や、買ってはみたものの似合わなくて着なかったものなどを出品しています。

中古の服は期待していた程の高値では落札されませんが、それでも着なくなった服を捨てたり、リサイクルショップへ持って行くより、高く買い取ってもらえるので良いかなと思っています。

その中でも人気のあるブランドのものだと結構、高い値段で売れたりしますまた、新品同様のほとんど着ていない服も割と高く売れるのです

以前に有名ブランドの福袋を購入したのですが、欲しいものがほとんど入っておらず大失敗したな!と思った時、その福袋も出品してみたのですが、すぐに売れました。

早く売り切れになってしまう人気のお店のものだったので、人気があったのでしょう。かえって得をしたくらいのお値段で売ることができて、ラッキーでした!

最近では『ヤフーオークション』の他に、フリマアプリの『メルカリ』でも服を売っています。こちらはなかなか売れませんが、忘れた頃にポツポツと買い手が付くのです。

時間がかかっても、リサイクルができているので自分では良いと思っています。

少しでもお得に売るためのコツ

t

毎年衣替えの季節に、洋服を古着屋に売っています。

どうせ家のゴミで出すものですから、少しでも値段が付いたら良いかなと思いながら売りに行くので、気が楽です。

毎年売りに行っていると「洋服を出す時のコツ」のようなものがだんだんと分かってくるのです。今回は、そのコツをお教えします。

まず1つ目は『夏の衣替えで出た夏服は、5月までに売るほうが高い値段が付きます』

冬物も同様今の時期に売ると、比較的良いです。なので我が家は、毎年の衣替えを少し早めにします。また衣替えを早めにすることで、今年新たに買い足す服だけを購入するようになるので、無駄な買い物も減るのです!

2つ目は『極力ブランド品を買うようにします』。服でもブランドによってかなり買取価格が違います。ですから私はファミリーセールなどに行って、ブランドの服を買うことが多いです。

ブランド品は値段も高いですがファミリセールだと半額以下で買えてしまい、それを売るときは高値で売れるのでかなりお得です。またファミリーセールの開催は、春と秋がほとんどなので時期的にも高く売れるのです。

最後の3つ目は『店によって強化しているブランド、買取価格が20%アップするキャンペーン期間などしっかり調べます』。面倒ですが、売る店をいろいろ変えることです。

少しでもお得に売るためには、やはり努力も必要ですね。

箱に入れて送るだけ驚きの手軽さでした

箱に入れて送るだけ驚きの手軽さでした

会社の同僚から良かった!との話を聞いて、初めて「ZOZO TOWN」古着買取サービスを利用しました。

ファッションが大好きな私のクローゼットの中は、もう常にパンク状態。それなのに、どうしても買取サービスやオークションに売る作業が面倒くさい気がして躊躇していたのでした。

しかし、それはとんでもない勘違いだったのです!

とにかく手軽で一切の手間はかからず、ただ送られてきたダンボールに衣類を詰め込み、簡単な書類に記入してネットで集荷依頼をするだけ。

買取可能なブランドも幅広く買取基準は3年以内のアイテムとありましたが、5~7年前の物でも買取して頂けました。

また、査定から代金の振込までも驚くほど迅速で、商品を送ってから1週間程で代金が振込されたのでした。査定結果に納得いかない場合は無料で返送してもらえますし、こちらも受け取りまでとても早かったです。

査定金額については、オークション出品に比べると決して高いとは言えませんが、システムの便利性を考えると私は今後も利用していきたいと思っています。