洋服を売ってみました

古着が気軽に売れるという気持ちで

古着が売れるだけで嬉しいと気軽な気持ちで

家の近くの古着屋に、着なくなった洋服を売りました。

そこは若いママさん達が子供の服を気軽に買いに来るような、敷居の高くないお店で、ブランド物を取り扱っているようなところではありませんでした。

売っているのもTシャツなど普段着るような物で、かなり安い値段設定で100円~です。

この状況を見て売れたとしても、たいした値段は付かないだろうと期待はできなかったのですが、とにかく断捨離がしたかったので思い切って売ってみました。

内容はTシャツやワイシャツ・スーツにジーンズ・ハーフパンツなど30点ほどはあったでしょうか。全部で1000円くらいにでもなれば良いかなと、軽い気持ちでいたのです。

査定が終わるまで15分ほど待っていると受付から呼ばれ、査定額を確認してみると合計で6000円とのこと。

1点あたり200円で計算されたことになりますが、予想していたよりもはるかに良かったのでそのまま売りました。自分が買った値段からすると安いですが、売れるだけで嬉しいのですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

いらない服を売ったら部屋がスッキリ!

服を売ったら部屋がスッキリ!

衣替えの季節になると、毎年悩んでしまいます。。。

また着るかも知れないと大事にしまっておいて全く着ることの無かった服を、それでもいつか使うかも知れないから!と諦められず捨てられないのです。

自分の服もそうですが、子供達の服もサイズアウトして着れなくなっているにもかかわらず、その服には沢山の思い出があるもので、どうしても処分できないのです

知人にあげるのも迷惑かと思い、最近では気軽に渡せなくなってしまいました。ですから処分できずに保管して溜め込んでいるので、部屋の収納が溢れ返った状態です。

そこで、リサイクルショップで子供服を売ってみたのです。売る手続きも簡単であっという間に完了しましたし、待ち時間も短く楽でした。おかげで部屋もスッキリ!と片付き、大助かりでした。

長期間ずっと着ない服を溜め込む前に、もっと早くからリサイクルショップに服を売っていれば良かったと反省。

今後は衣替えのシーズンになったら一度は服の整理を行い、もう着ないと思った服は迷わずにお店に持って行くことにする!と決めました。やはり、スッキリしたクローゼットを見るのは、とっても気持ちが良いですからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

古着1着ごとの評価はされませんでした

古着1着ごとの評価はされませんでした

オープンを控えた古着専門店が、積極的に買取査定を行っていることを新聞の折込チラシで知りました。この機会に学生時代に集めた洋服を、売却しようと考えたのです。

およそ20着を査定してもらうことになり、結果が出るまでには長い時間がかかるのだろうと予想していましたが、査定には10分もかからなかったように記憶しています。

それは、私が持ち込んだ洋服の状態を1着ずつ確認するのではなく、査定対象物の総重量で結果が出されたからでした。

古着専門店で査定してもらうことが初めてだった私は、まさか総重量が基準になるなどとは想像していなかったのです。しかし、この気持を店員さんに伝えてみると納得できる回答を頂きました。

古着の状態の良し悪しを判断する際には主観が入りやすくなるので、査定結果が出てから値上げ交渉を始める顧客が後を絶たないそうです。

そのため、持ち込まれた洋服の総重量で査定金額を算出する方式を採用していると伝えられ、合点がいくことになったというわけでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

大きな期待はしないほうが無難です

大きな期待はしないほうが無難です

まず、当たり前ですがブランドものは高く売れます。しかし、買った方も高いお金を出していますし、気に入ってる物でから長期の愛用を見据えているので、手放すのには時間かかります。

ソコソコの物しか今までに出した事はありませんが、捨てるよりは良いかな?という程度の金額にしかなりません。

特に買い取り専門店だと、かなり値段は安くなります。45リットルのゴミ袋に、一袋いくらなんて店もあります。

委託販売なら自分で値段を付けられますが、売れなかったら引き取りに行く手間が発生します。そうなると売り物にもよりますが、どっちもどっちかなという気がします。

現在、利用はあくまでもソコソコの値段になりそうな時しか利用しなくなりました。その度に印鑑だの免許証だの確認されるのも嫌ですからね。

そしてよく言われてることですけど、季節感を無視しないで持って行ったほうが良いですね。在庫を抱えたくないので、お店側も今売れるものに値段を重くしてきます。

予備のボタンなんかもしっかり取っておいて、一緒に持って行くと良いような気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

少しでもお得に売るためのコツ

t

毎年衣替えの季節に、洋服を古着屋に売っています。

どうせ家のゴミで出すものですから、少しでも値段が付いたら良いかなと思いながら売りに行くので、気が楽です。

毎年売りに行っていると「洋服を出す時のコツ」のようなものがだんだんと分かってくるのです。今回は、そのコツをお教えします。

まず1つ目は『夏の衣替えで出た夏服は、5月までに売るほうが高い値段が付きます』

冬物も同様今の時期に売ると、比較的良いです。なので我が家は、毎年の衣替えを少し早めにします。また衣替えを早めにすることで、今年新たに買い足す服だけを購入するようになるので、無駄な買い物も減るのです!

2つ目は『極力ブランド品を買うようにします』。服でもブランドによってかなり買取価格が違います。ですから私はファミリーセールなどに行って、ブランドの服を買うことが多いです。

ブランド品は値段も高いですがファミリセールだと半額以下で買えてしまい、それを売るときは高値で売れるのでかなりお得です。またファミリーセールの開催は、春と秋がほとんどなので時期的にも高く売れるのです。

最後の3つ目は『店によって強化しているブランド、買取価格が20%アップするキャンペーン期間などしっかり調べます』。面倒ですが、売る店をいろいろ変えることです。

少しでもお得に売るためには、やはり努力も必要ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

主婦のお小遣い稼ぎに便利です

主婦のお小遣い稼ぎに便利です

シーズン毎に増え続けていく洋服、流行りの物を買っても翌シーズンにはもう着ないなんてことがよくあります。

更に私が子供を出産してからは、着る機会の無くなったお出掛け服が、クローゼットに詰め込まれたままになっている状態です。

まだまだ綺麗で捨てるのは勿体無いと思い、リサイクルショップに持って行ったこともありますが、驚くような安い買取価格にガッカリしたこともあります。

そんな時に、私が服を売り始めたのがフリマアプリ。オークションよりも手軽ですし、専業主婦なので出品する時間はいくらでもあります。

いくつかのアプリを使い分けて、これまでにダンボール2箱分くらいは売れて、総額で15万円ほどになりました。ブランド品など、価値を分かってくれる人が買ってくれるからだと思います。

リサイクルショップでまとめ売りするよりも手間はかかりますが、値段ははるかに高いので少しでもお金にしたい人にはオススメです。値下げ交渉のやり取りなんかも楽しみながら、お小遣い稼ぎをして貯まったら家族旅行をと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

とにかく考えず何でも出品してみること

とにかく考えず何でも出品してみることがポイントです

引っ越しの際に整理の意味も含めて、ヤフオクでいらないくなった洋服を売りました。

ヤフオクはプレミアム会員にさえなれば、いくつ出品しても無料なので取りあえず、売れなそうな物は全て出してみたのです。

写真を撮って寸法を測る作業は手間がかかりましたが、これをするのとしないのとでは、売れる結果がかなり違ってくるので頑張りどころです。

出品してみると、自分だったら絶対わざわざ中古でなんか買わないような服でも買い手が付くのです。また、安い値段で買った服なんかも、かなり原価に近い価格で売れました。

例えばネットショップで1980円で買ったようなものでも、1000円プラス送料700円で1700円もらいます。実際には200円程しか送料はかからず、1980-(1000+700-200)=480円で1年間着ることが出来たという服もありました。

とにかく、何でも出してみることがポイントでしょう。自分の予想以上に、買う人は買います。この洋服の処分がきっかけで、今では洋服以外の不用品もヤフオクで売ってしまえるようになりました。

買取店に持って行くより高く売れますので、絶対にお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

外出が好きではない私に合った宅配買取

外出が好きではない私に合った宅配買取最近、インターネットのバナー広告で良く見かける、ブランド品の買取業者を利用してみました。

その買取業者では宅配買取も行っているということだったので、あまり外出が好きではない私でも気軽に利用することが出来ました。

その買取業者のホームページでは、取り扱っているブランド品について詳しく記載されています。

どのようなブランド品が買取ってもらえるのか、あらかじめ知ることが出来たので手間がかからず良かったです。宅配買取に利用するダンボールは、サイトから申し込むと無料で送ってもらえます。

申し込み後には再利用品のものでは無く、すぐに綺麗なダンボールが届きました。

ダンボールに売りたいTシャツと必要書類を詰めて送り返したところ、2~3日で査定の結果が出ました。捨ててしまったら0円だったものが、お小遣い程度のお金になったのでとても嬉しかったです。お金もすぐに振り込んでもらえました。

また要らないものが出てきたら、今回利用した買取業者を利用しようと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

自分に合った洋服の販売をみつける

自分に合った洋服の販売をみつける

ヤフーのオークションで、要らなくなった洋服を5点ほど売りました。大したブランドでは無かったので、古着屋等に持って行っても価格が付かないと思ったからです。

服はレトロガールの服で、着用は1回しかしていない綺麗な状態の物でした。前に古着屋で売った事があったのですが、価値がない洋服だと付けてもらえる価格もスズメの涙の状態なので、自分で売ることにしたのです。

オークションですと、写真を様々な角度から撮るだけで売りに出せるので、わざわざお店まで持って行く手間も省けますし、自分で価格設定を決めることが出来ます。

オークション販売の良い所は、自分が予想していた以上の価格が付く場合があるということです。結果送料などの費用も相手に負担して貰えるので、効率良く衣服を販売することが出来ます。

ですが、自分でちゃんとした管理もしないといけないので、汚れが少しでもあるならばきちんと写真を載せるなど先に伝えておかなければいけません。

また、送る時も丁寧に梱包しないと相手に失礼になってしまうので、雑に扱ってしまう人には向いていないかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

オークションで服を売る方が断然お得です

オークションで服を売る方が断然お得ですオークションを利用するまで、要らなくなった洋服は、リサイクルショップに売りに行っていました。

ブランド物であろうがなかろうが、その時の流行りや季節に応じて洋服の売値が変わり、売れないと店側が判断した物はまとめていくらという形での買い取りでした。

ですので、洋服を20着持って行ったとしても、500円くらいの値段で買い取りしてもらえれば、良いかなぁと考えて売るようにしていました。

しかし、子供が生まれてから時間に追われる毎日で、ゆっくり時間を取って遠方のリサイクルショップまで持ち込むことが出来なくなったことから、オークションに挑戦してみようと決めたのです。

ただ、オークションはトラブルがつきもの。サイトによっては利用料が有料のものもあったので慎重に考慮し、実際にどういったトラブルがあるのかも調べた上で、相手と取引をするルールを自分のプロフィール欄に掲示するようにしました。

まだ始めて1年ほどですがトラブルもなく、リサイクルショップに買取してもらうよりも利益がでているので、洋服以外の商品も出品するようになりました。

コツを掴めば、楽しく洋服を売ることができる良いシステムだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0