ネットオークション

オークションはブランド物が強い!

オークションはブランド物が強い!

私は昔から洋服が大好きで、時間とお金さえあればショッピングへ繰り出していましたから、かなりの量の洋服を買って持っています。

あまりの量に、新品でタグが付いたままになっている物もあるくらいです。

ですが...この2年の間にかなり太ってしまったせいで、それまでに買い揃えた細身のパンツが全てきつくなり、履けなくなりました。

「ドミンゴ」というブランドのパンツで日本製なのでとても形がいいのですが、元々が痩せていたので、もうそのパンツが入るサイズに戻る自信がなくて売ることを決めて出品したのです。

購入した時は13,000円くらいしたものを4,500円で出品し、入札があったのでそのままかけ引きすることなく売ってしまいました。

更に私は「マーガレットハウエル」の服が好きでたくさん持っているのですが、もう着なくなったものをせっかくなので出品することにしました。

オークションで売るには、いかに良い写真を撮るかにかかってきます。写真が綺麗に撮れているとウォッチが付いたり、実際に入札があって落札される可能性が高くなってくるのです。実は私は写真のプロなので、綺麗に撮ることができるのですがね。

そうそう、「マーガレットハウエル」のネームヴァリューは高くて、すぐに売れてしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

私に合っているフリマサイトを見付ける

私に合っているフリマサイトでの販売

オークションはどうしても難しそうで抵抗があったので、リサイクルショップより割がイイ、自分に合った洋服の売り方をずっと探していました。

そこで、やっと見付けたのが『フリマサイト』です。

リサイクルショップで「タダ」とか、「数十円」としか査定をされなかった洋服を家に持ち帰り、試しに出品してみることにしました。

数十円のものには、女性誌に良く出ている有名なブランドのものも含まれますが、ショップによってはブランドに詳しくない場合、値段が付かないようです。

フリマサイトは女性ファッションブランドのカテゴリがたくさんあり、数十円と言われたブランドの洋服が数千円で売れたのでした。

また、状態が悪く引き取ってもらえなかった、有名ブランドのマフラーも売れてしまったのです。

フリマサイトでは評価の良し悪しが今後の取引にも影響するので、状態が悪いものはその旨をしっかり記入しないといけません。また、質問にもしっかり答えていく必要があります。

値引きの要望は多いですがオークションサイトよりも手軽で、リサイクルショップよりも高く売れると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

服を売るのにオークションを利用

服を売るのにオークションを利用しています

数年前から、ヤフーのオークションを利用しています。

着なくなった服や、買ってはみたものの似合わなくて着なかったものなどを出品しています。

中古の服は期待していた程の高値では落札されませんが、それでも着なくなった服を捨てたり、リサイクルショップへ持って行くより、高く買い取ってもらえるので良いかなと思っています。

その中でも人気のあるブランドのものだと結構、高い値段で売れたりしますまた、新品同様のほとんど着ていない服も割と高く売れるのです

以前に有名ブランドの福袋を購入したのですが、欲しいものがほとんど入っておらず大失敗したな!と思った時、その福袋も出品してみたのですが、すぐに売れました。

早く売り切れになってしまう人気のお店のものだったので、人気があったのでしょう。かえって得をしたくらいのお値段で売ることができて、ラッキーでした!

最近では『ヤフーオークション』の他に、フリマアプリの『メルカリ』でも服を売っています。こちらはなかなか売れませんが、忘れた頃にポツポツと買い手が付くのです。

時間がかかっても、リサイクルができているので自分では良いと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

お小遣い稼ぎならフリマアプリで

お小遣い稼ぎならフリマアプリで私の大好きなフリマアプリは、お手軽でお得にお買い物ができるということで大変人気があります。

オークションと違って、即購入できるのもいいですしね。私も洋服を何点か売ることができました。

やはり売れる商品というのは、普段なかなか手が出せない少々お値段のはる商品です。

まずは写真撮影が大事なので、太陽が出ている明るい昼間に正面・背面・ブランドタグは必ず撮影。ポイントとなるボタンのディテールも、必ず撮影します。

写真撮影が終わったら、あとは文書です。私が体験して感じたことは、かしこまりすぎる文書だと売れないということです。

「汚れはございません」「何卒よろしくお願い致します」などよりは、「可愛くて美品です」「検討お願いします*\(^o^)/*」など、フラットな感じの方が印象が良いみたいです。

あとは、やはり高値で売れるところが良いです。リサイクルショップでも売ったことがありますが、10~15点売っても500円程にしかなりません。その点フリマアプリだと、2000円などでも売れます。

フリマアプリですと撮影、採寸など少々面倒な点もありますが、お小遣い稼ぎにはうってつけですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

効率を重視して賢く上手に使い分け

効率よくヤフオクとリサイクルショップの使い分け

以前、増えすぎた洋服を整理する目的で、定期的にヤフオクやリサイクルショップを上手く使い分けて、不要な洋服を売っていたことがあります。

多い時で月に数千円~数万円もの、お小遣いになったので助かりました。

ヤフオクでは出来る限り鮮明な写真を何枚も撮ってサイズを正確に測り、丁寧なコメントを付ける手間を惜しまなければ、高確率で落札されました。

人気があるブランドやハイブランドの場合、ワンピースやアウター ・ バッグなどであれば、5000円以上(できれば1万円くらい)で。ボトムスやニット、靴などなら、3000円くらいで売れそうなもの。ノーブランドでも、1000円以上で売れるようなものを目安に選んで出品していました。

出品時の準備やその後のやり取り、発送などの手間を考えるとやはり、これくらいの売り上げは欲しいところですね。

逆にリサイクルショップでは、状態の良いノーブランドのものを少しでもお金に換えたい場合や、不用品をまとめて引き取ってもらいたい時に、お金になったらラッキーというくらいの心構えで持ち込んでいました。

今までリサイクルショップは、ブランド品の査定が低いような気がしていたので利用していなかったのですが、最近ではブランド価値の分かるブランド品専門のリサイクルショップなども多くなってきましたね。

これからはブランド品も、リサイクルショップを使って上手に利用していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

使い古しの布オムツまで売れるのがネットオークションです

使い古しの布オムツまで売れるのがネットオークションです今まで着れなくなった子供服はリサイクルショップで売っていたのですが、お店によってはブランド以外はお断りだったり、ベビー服は取り扱っていなかったりと色々な規制があったので困っていました。

そこでやり手のママ友からオークションだと高値で買い取ってもらえるし、売りたい物が売れると聞いたので、初めてオークションに出店してみました。

最初は価格設定も分からず10円からスタートしていましたが、子供服は人気があるのかどんどん値段が上がっていくので、ビックリしました。

子供服は「まとめ売り」が人気なようで、更にその中にもブランド物が入っていると、リサイクルショップで売るよりも倍以上の値段で買ってもらえるのです。

子供服関係は売れるのですが、試しに出品してみた大人の服は滅多に売れませんでしたね。きっと子供服は消耗品ですぐに大きくなってしまうし、保育園などでは汚れるので使い回しのきく洋服が人気なんだと思います。

あとは意外にも使い古した布オムツや、よだれかけなど一見引いてしまいそうな物まで普通に売れていました。オークションは何が売れるか分からないのが、面白いところだなと思って今でも続けています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ネットオークションで気を付けていること

ネットオークション

サイズアウトしたり、飽きてしまった洋服の処分は、 一部の高級ブランド品はリサイクルショップに持ち込みますが、主にオークションを利用しています。

特に売れ筋なのは子供服と中位ブランドの婦人服で、 購入後5年以内の流行に左右されにくいデザインの商品ですね。また、オークションの場合、やっぱりお客様とのトラブルに気を付けなければいけません。

気持ち良く取引していただくために気をつけていることは、 実際に手に取って見ることも試着することもできない落札者の身になって出品することだと思っています。

洗濯済みであることはもちろんですが、シミやほつれのチェックも入念にします。 その際、夜間の照明の下では見落としやすいので必ず日中にし、 毛羽立ちなども正直に瑕疵として説明文に明記しなければなりません。

サイズ表記は参考にはなりますが、メーカーやデザインによってバラつきが大きいので、 実際にメジャーで計測しお知らせすることも大切ですね。

その他、素材の確認など手間はかかりますがやるべきことをきちんとやり、 できるだけ鮮明な画像を提供するようにしています。

私にとっては必要がなくなった洋服ですが、誰かに喜んで着ていただきたいという気持ちを忘れず、 誠意を持って楽しみながら続けていきたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0