オークションへの出品がやみつきになりました

オークションへの出品がやみつきになりました

ネットを利用するまでは洋服を売ると考えると、リサイクルショップやフリーマーケット、バザーしか思い付きませんでした。

特にリサイクルショップへは何度か持ち込んだことがありましたが、綺麗な洋服だったのにもかかわらず、良い値が付きません。そこで最近になってネットオークションを利用してみたのです。

すると、新品の洋服ではなくても、入札件数が増えると金額も上がって、予想外の値段が付いて驚きました。それからは、すっかりオークションで洋服を売る事にハマってしまったのです。

サイズが合わなくて着用せずにタンスの肥やしになっていた新品の洋服を沢山売りました。値が下がるどころか、元金以上の値段で売れた事もあるので、凄く嬉しかったですね。

自宅に居ながら着ない服を、欲しい人に着てもらえて、且つ臨時収入にもなるので、かなり美味しいサービスだと思っています。

ちなみに今までの最高額だったのが、とあるブランドの限定ブラウスなのですが、何と定価の3倍以上の値段で落札されました。

まさかここまでの金額になるとは思っていなかったので、益々ネットオークションへの出品が病みつきになりました。もちろん、丁寧に梱包して送らなければいけないなどの手間はありますが、それが苦にならない方なら、絶対におすすめですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ネットオークションに出品する時のポイント

ネットオークションに出品する時のポイント

女の子2人の母である私ですが、友人からもらったお下がりの中に、なぜか男の子のスーツが入っていました。

ブルー系のシャツ、チェックのーネクタイ付きの紺色のスーツです。

誰か欲しい人がいたらあげてと言われたのですが、もらってくれる人は見つからず、状態も良好でしたのでネットオークションで売ることにしました。

卒園や入園にもってこいなので、少し寝かせて1~2月辺りにと思いました。季節モノは特に、売る時期が重要で値段に変化が出ます。

写真も全部組み合わせた状態のものと単品、クリーニング札まで細かく撮りました。着た感じを掴みやすくするためです。

あと、ネットオークションは全国の皆さんが対象になるので、送料もなるべく安くと考えました。注意書きで『ゆうパック最小で送るには、折り畳むことを了解の上で可能』と記しておきました。

結果、遠方の方が入札&落札してくれ、なんと2000円で売れました。リサイクルショップでは、このくらいの値段から売っているので、持ち込んでも1000円いかないかくらいだったでしょう。

双方、大満足の取引ができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

あれだけお金をかけたのに

あれだけお金をかけたのに

私は小さな頃からおしゃれが好きで、可愛いもの綺麗なものが大好きです。

ファッション誌を見ているとついつい流行りをチェックして、欲しくなってしまいます。

10代まではフリルやレースが装飾されているワンピース、パステルカラーの小物を好んでよく身に付けていました。

その頃は、こんな感じの服をずっと変わらずに、着続けていくんだろうなと思っていたのです。

でも実際、20代になって就職したことにより、大人の人と関わるのが自然と増えました。そうなると可愛い服は好きでも、なかなか縁遠くなるものです。

段々と黒いTシャツや、シンプルな洋服が増えてきました。ある時、大掃除をしていると、たくさんのもう着る事のない服が出てきました。

捨てるのは何となくもったいなく感じたので、古着屋さんに持って行くことを決めました。

あれだけ欲しくてお金をかけた洋服達は、大きな紙袋に3つ、たったの500円でした。買い取ってもらえない物もあり、それは海外の子供達へ寄付するそうです。

私はそのことがあってから、洋服にお金をかけるのがバカらしくなってしまい、プチプライスなブランドが大好きになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

引き取ってもらえることが有り難い

引き取ってもらえることが有り難い

自分の持っている洋服を売る方法は、オークションや古着店、リサイクルショップなど今では様々あります。

洋服屋さんに持って行って、そのお店の商品券をもらうなんてのも見た事があります。

売りたい物が人気のブランドなどであれば、そのブランドを高く買い取ってもらえるお店があるでしょうが、やっぱり高いと言っても買った値段を考えれば、悲しくなるような金額です。

その点、オークションは出品しても売れないという可能性もありますし、予想より低い値段で売れてしまう事もあるでしょうが、ビックリする程の値段が付くことも事実あるのです。

宝くじのようにワクワクしながら、楽しく出来るので、私はオークションが好きです。

若い頃と違って、今はほとんどの洋服が無名のブランドで、安い服しか買わなくなってしまいました。売るといっても、はたしてどこまで買い取ってくれるのかという感じです。

実際にあるリサイクルショップでは、半分返されるという恥ずかしい体験もしました。そして買い取り金額も、ものすごい安いものでした。

でも、捨てるくらいならどんな値段でも良いので、引き取ってもらえると有り難いと思いながら、諦めずに持って行っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0