効率よくヤフオクとリサイクルショップの使い分け

以前、増えすぎた洋服を整理する目的で、定期的にヤフオクやリサイクルショップを上手く使い分けて、不要な洋服を売っていたことがあります。

多い時で月に数千円~数万円もの、お小遣いになったので助かりました。

ヤフオクでは出来る限り鮮明な写真を何枚も撮ってサイズを正確に測り、丁寧なコメントを付ける手間を惜しまなければ、高確率で落札されました。

人気があるブランドやハイブランドの場合、ワンピースやアウター ・ バッグなどであれば、5000円以上(できれば1万円くらい)で。ボトムスやニット、靴などなら、3000円くらいで売れそうなもの。ノーブランドでも、1000円以上で売れるようなものを目安に選んで出品していました。

出品時の準備やその後のやり取り、発送などの手間を考えるとやはり、これくらいの売り上げは欲しいところですね。

逆にリサイクルショップでは、状態の良いノーブランドのものを少しでもお金に換えたい場合や、不用品をまとめて引き取ってもらいたい時に、お金になったらラッキーというくらいの心構えで持ち込んでいました。

今までリサイクルショップは、ブランド品の査定が低いような気がしていたので利用していなかったのですが、最近ではブランド価値の分かるブランド品専門のリサイクルショップなども多くなってきましたね。

これからはブランド品も、リサイクルショップを使って上手に利用していきたいと思います。