あれだけお金をかけたのに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あれだけお金をかけたのに

私は小さな頃からおしゃれが好きで、可愛いもの綺麗なものが大好きです。

ファッション誌を見ているとついつい流行りをチェックして、欲しくなってしまいます。

10代まではフリルやレースが装飾されているワンピース、パステルカラーの小物を好んでよく身に付けていました。

その頃は、こんな感じの服をずっと変わらずに、着続けていくんだろうなと思っていたのです。

でも実際、20代になって就職したことにより、大人の人と関わるのが自然と増えました。そうなると可愛い服は好きでも、なかなか縁遠くなるものです。

段々と黒いTシャツや、シンプルな洋服が増えてきました。ある時、大掃除をしていると、たくさんのもう着る事のない服が出てきました。

捨てるのは何となくもったいなく感じたので、古着屋さんに持って行くことを決めました。

あれだけ欲しくてお金をかけた洋服達は、大きな紙袋に3つ、たったの500円でした。買い取ってもらえない物もあり、それは海外の子供達へ寄付するそうです。

私はそのことがあってから、洋服にお金をかけるのがバカらしくなってしまい、プチプライスなブランドが大好きになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*